どっちが良い?楽天カードとAmazonクレジットカードの違いを比較!


巨大なECサイトといえば「Amazon」と「楽天」。今や日本では多くの人がどちらかのサイトを利用していますね。

しかも、これらの企業は公式にクレジットカードも出しているんですよね。CMで有名な楽天カード、そしてAmazonクラシックカード。

ただ、これらは本当にショッピングをする上でお得なのでしょうか。どんなメリットがあるカードなのでしょうか。

両者を比較しながら解説していきましょう。

スポンサードリンク

 

楽天ハードユーザなら持っていたい 楽天クレジットカード

まず、楽天のクレジットカードは、分かりやすいポイントシステムが好評です。国際ブランドも、MasterCard、JCB、VISAの3社から選択できる優れものです。

どこで利用しても、100円で1ポイントが付与されます。楽天で買い物やコンテンツに利用しても、100円=1ポイントになります。

楽天の支払いを楽天クレジットカードを指定して支払えば、100円=2ポイントです。

8種類のカードがあり、都合に合わせたカードのチョイスも可能です。ここではスタンダードな「楽天カード」と、特典豊富な「楽天プレミアムカード」を紹介します。

 

楽天カードの特徴

  • 年会費永年無料。
  • 楽天サイトで利用すると、ポイントは2倍になります。
  • 楽天カードの請求額の1%が楽天ポイントとして付与されます。
  • 入会特典で2,000ポイントがプレゼントされます。期間限定のキャンペーンを狙えば、5,000ポイントや、または8,000ポイントがプレゼントされます。
  • ANAのマイルと相互交換できます。
  • 海外旅行傷害保険が付帯されています。

とにかく入会時の特典は、見逃せません。期間限定でやっているポイントプレゼントは、5,000ポイントから8,000ポイントなど、かなりの高額になります。

限定キャンペーンを見逃さずに入会を申し込めば、初回のメリットは大きいといえます。

 

楽天プレミアムカードの特徴

  • 年会費は、10,800円(税込)です。
  • 楽天サイトで利用すると、ポイントは2倍になります。
  • 楽天カードの請求額の1%が楽天ポイントとして付与されます。
  • 入会特典で5,000ポイントがプレゼントされます。期間限定のキャンペーンを狙えば、13,000ポイントがプレゼントされます。
  • 世界700カ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」で、ドリンクサービス、インターネットサービスを活用できます。障害保険も当然、付与されています。
  • ANAのマイルと相互交換できます。

目を引くのが、なんといっても限定キャンペーンです。最大で13,000ポイントのバックなので、実質の年会費を上回る還元です。

ただし、このようなキャンペーンは期間が限定されていますので、キャンペーン情報をよくチェックしたうえで入会をすると、メリットはかなりのものとなります。

 

Amazonのアカウントに登録しておけば便利 Amazonクレジットカード

Amazon派も、クレジットカードのメリットを受けることができます。カードは2種類です。スタンダードな「クラシック」と、障害保険付の「ゴールド」です。

国際ブランドはMasetrCard一択です。どちらの種類も異色のサービス、9時~19時の申し込みなら「即時審査サービス」を使えます。

3分ほどで審査結果が分かり、審査に通ると「テンポラリーカード」が発行されます。その場で、Amazonでのお買物に利用することができます。

それ以外については個別に見ていきます。

 

Amazonクラシックの特徴

  • Amazonで利用するとポイント1.5%付与されます。Amazon以外は1%です。
  • 年会費は初年度無料。翌年から、年に1回以上の利用をしていば無料ですが、利用がない場合は通常年会費1,350円(税込)が必要です。
  • 入会特典でAmazonポイント2,000円分がプレゼントされます。
  • 海外旅行傷害保険は付帯されていません。

少し意外に思えるのが、クレジットカードに付き物の海外旅行傷害保険が付帯されていない点です。

他のクレジットカードに付帯されていたら、そちらを利用すれば問題はありません。

年会費を無料にするためには、年に1回は利用するようにしましょう。

 

Amazonゴールドの特徴

  • Amazonで利用するとポイント1.5%付与されます。Amazon以外は1%です。
  • 通常年会費は10,800円です。
  • 入会特典でAmazonポイント3,000円分がプレゼントされます。
  • アマゾンプライム会員年会の3,900円が無料になります。
  • Kindle本を月に一冊購読できます。
  • 海外旅行傷害保険や国内旅行保険の付帯保険がつきます。
  • コミック・雑誌を除く書籍をAmazonで買うと、Amazonポイント10%還元されます。

高額な年会費ですが、有料のプライム会員になることを前提にしたら、年会費の元は回収可能です。

「お急ぎ便」の使い放題や、Kindle本の無料サービスがあるので、Amazonハードユーザーなら年会費の元を取れるサービスが用意ようされています。

次年度の通常年会費を安くするためには、「マイ・ペイすリボ」を利用するなどの条件が必要です。

 

どっちがお得? やや楽天カードに軍配

どちらが得かは、使う人次第となりますが、全体を考慮するとやや楽天カードに軍配があがりそうです。

なにしろ限定の入会特典キャンペーンの高額ポイントバックは、はかなり魅力的です。

5,000円のポイントでも大きいですが、場合によっては13,000円となるケースもあるので、迷っている場合はこちらを選ぶといいでしょう。

もちろん楽天ハードユーザーは楽天カードの方が良いですし、AmazonハードユーザーはAmazonクレジットカードを使った方が断然良いですよ。

つまり、まとめるとこういう風にすると良いですよ。

 

  • 楽天しか使わない、もしくはかなり楽天で買い物をする人

楽天カード
(公式サイトへ)

  • Amazonしか使わない、もしくはかなりAmazonで買い物をする人

Amazonクレジットカード
(公式サイトへ)

  • 特にこだわりなく買い物をする人

楽天カード
(公式サイトへ)

 

これが最も賢い選び方でしょう。自分に合ったものを使うと良いでしょう。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です